読者です 読者をやめる 読者になる 読者になる

父ロボの日記

頭の固い父親の子育て奮闘日記!



※ ※ ※ ※ ※ ※ ※ ※ ※ ※ ※ ※ 他にもブログを書いています。 ※ ※ ※ ※ ※ ※ ※ ※ ※ ※ ※ ※

→何ゴト?  →マンガのススメ  →数の研究所  →GUNDAM RASH

※ ※ ※ ※ ※ ※ ※ ※ ※ ※ ※ ※ ※ ※ ※ ※ ※ ※ ※ ※ ※  ※ ※ ※ ※ ※ ※ ※ ※ ※ ※ ※ ※


水平思考で迷路を解く息子

最近の息子は迷路を解くのが好きみたいです。

そこで、たくさんの迷路が載っている本を買いました。

やさしいめいろ―3・4・5歳 (1集) (うんぴつ (6))

やさしいめいろ―3・4・5歳 (1集) (うんぴつ (6))

試しに、迷路を辿らせてみると、「もう1回!もう1回」と、次々と解いていきました。

そんな中、「こやつできる!」と思わせたのが、↓こちらの迷路。

スタートから、赤い車の絵のところだけを通って、ゴールするというもの。

この迷路を始める前に、

母親「赤い車のところだけ通れるよ、トラックと電車のところは通れないからね」っと息子に説明をしました。

すると、トラックのマスの中を通ったものの、トラック自体を避けていくという妙技を繰り出しました。

確かに説明した通りで、間違っていない!

これはある意味、水平思考(ラテラルシンキング)かな?。

やるなー!息子よ!