父ロボの日記

頭の固い父親の子育て奮闘日記!



※ ※ ※ ※ ※ ※ ※ ※ ※ ※ ※ ※ 他にもブログを書いています。 ※ ※ ※ ※ ※ ※ ※ ※ ※ ※ ※ ※

→何ゴト?  →マンガのススメ  →数の研究所  →GUNDAM RASH

※ ※ ※ ※ ※ ※ ※ ※ ※ ※ ※ ※ ※ ※ ※ ※ ※ ※ ※ ※ ※  ※ ※ ※ ※ ※ ※ ※ ※ ※ ※ ※ ※


慣らし保育

今日から慣らし保育が始まりました。

まずは1時間だけ子供を預けるという内容で、はじめてのことで緊張していましたが、 保育士さんが「大人のための慣らし保育でもあるんですよね」っと言っていたのが印象的でした。

最初は、「よろしくお願いします」って言って帰るだけかと思っていましたが(テレビドラマとかのイメージで)、 それが全然違う。タオルは買えないといけないし、服も用意しないとだめだし、オムツ用の袋もセッティングしないといけない。
すべてセルフサービスなんですね。
これが毎日・・・。大変だ。

登園してまず息子の左肩に、名前が書かれたバッジをつけなくてはいけなくて、 安全ピンがバッジについているのですが、これがぜんぜん安全じゃない! 暴れまわる息子の腕になんども針が刺さりそうになりました。 本当に安全なピンを誰か開発してほしい。

そして色々保育士さんと話をして、いざ息子が父ロボとお別れという時に、 全く泣かなかった息子、珍しいものがたくさんあるからテンションが上がってたんですね。きっと。
保育士さんは、「これから状況がわかってきたら泣くかもしれないですね」とおっしゃっていましたが...。

それから、1時間経って再びお迎えに行くと、「パパー」っと父ロボの元にやってきてくれました。 父を覚えていてくれたかー、息子よ。よかった。

保育士さんから、「全く泣いていませんでしたよ」っと言われたので、よくがんばったと息子を褒めてあげたのでした。