父ロボの日記

頭の固い父親の子育て奮闘日記!



※ ※ ※ ※ ※ ※ ※ ※ ※ ※ ※ ※ 他にもブログを書いています。 ※ ※ ※ ※ ※ ※ ※ ※ ※ ※ ※ ※

→何ゴト?  →マンガのススメ  →数の研究所  →GUNDAM RASH

※ ※ ※ ※ ※ ※ ※ ※ ※ ※ ※ ※ ※ ※ ※ ※ ※ ※ ※ ※ ※  ※ ※ ※ ※ ※ ※ ※ ※ ※ ※ ※ ※


けいれんを甘く見てはいけない

昨日は腹痛でダウンしていた父ロボ。
今日の慣らし保育の送り迎えは母ドリに行ってもらいました。

保育所での話を聞くと、 息子が病み上がりだったためか、ずっと泣き続けていたとのこと。 初日は、全く泣いていなかったので、全く真逆。
慣らし時間中は、ずっと保育士さんに抱っこされて、絵本を読んでもらっていたそうです。

それから、先日、息子が41度の熱でけいれんしたことを母ドリが言うと、 「一度でもけいれんを起こした子供さんは、 お昼に熱を計って、38.5度以上あれば、お迎えに来てもらうところを37.5度で来てもらうことになります」と言われたそうです。

何ですって!

先日は、高熱だからけいれんしたとは思うんですけど、37.5度以上のお迎えというのは、37度が平熱の子供にはちょっと低すぎませんか?泣いたり、運動したり、寝たりしたら、すぐそれくらいの体温になる気がする。
子供のことを思ってそうしているのでしょうが、頻繁にお迎えに行くと、仕事にならなくなってしまうので困りますね。

「今後様子を見て、37.5度の熱があっても元気ならお迎えの温度を変えていきましょう」ということでした。 保育所ってあずけるだけと思っていたけど、大変。