読者です 読者をやめる 読者になる 読者になる

父ロボの日記

頭の固い父親の子育て奮闘日記!



※ ※ ※ ※ ※ ※ ※ ※ ※ ※ ※ ※ 他にもブログを書いています。 ※ ※ ※ ※ ※ ※ ※ ※ ※ ※ ※ ※

→何ゴト?  →マンガのススメ  →数の研究所  →GUNDAM RASH

※ ※ ※ ※ ※ ※ ※ ※ ※ ※ ※ ※ ※ ※ ※ ※ ※ ※ ※ ※ ※  ※ ※ ※ ※ ※ ※ ※ ※ ※ ※ ※ ※


ごはんを食べさせるというのは難しい

今、肺炎で入院していて、ようやく明日には退院できそうな息子くん。

普段、息子くんにごはんを食べさせる時は、

父ロボが野菜を切り、圧力鍋で煮た野菜スープをベースに、お味噌汁やコーンスープにして、食べさせているので、 けっこうモリモリ食べてくれます。あと、ごはんかパンと一緒に。

しかし、今は病院に入院していて、病院食なのですがいつも食べている素材よりは若干かためのブロッコリーや鶏肉が出てきてました。

息子にはちょっと大きめのサイズなので「ちょきちょきバサミ」、いや「ヌードルカッター」で切り分けてあげることに。これ便利ですね。

そして、試しに息子にあげてみると、食べはしましたが、口からべぇーっと出してしまいました。

だめかーっと思って、今度はご飯を食べさせてみました。これもだめでした。

どうしたものかと、鶏肉についていたタレ的なものにご飯をまぜてみると、パクっと食べました。

味付けがあると食べるのかなと、鶏肉もタレが付いているところを食べさせるとパクっ。ブロッコリーもタレをつけてパクっと食べました。

子供って味がついたものを好んで食べるんですね。大人も一緒か。

ここからは余談ですが、今日届いたApple Watch を息子に渡して遊ばせていたら、しばらくは興味津々に遊んでいましたが、病院食がくると「マンマー、マンマー、ハーイ!」っと言うので、「ちょっと準備するから待ってね」と言うと、Apple Watch を「ぽいしっ」っと言って看護ベッドから投げ捨てました。あらら、ご飯の方が大事なのね。それにしても、生まれてすぐにこんなハイテク機器が身近にあるなんで、息子が羨ましいなーっとも思うのでした。

関連記事