父ロボの日記

頭の固い父親の子育て奮闘日記!



※ ※ ※ ※ ※ ※ ※ ※ ※ ※ ※ ※ 他にもブログを書いています。 ※ ※ ※ ※ ※ ※ ※ ※ ※ ※ ※ ※

→何ゴト?  →マンガのススメ  →数の研究所  →GUNDAM RASH

※ ※ ※ ※ ※ ※ ※ ※ ※ ※ ※ ※ ※ ※ ※ ※ ※ ※ ※ ※ ※  ※ ※ ※ ※ ※ ※ ※ ※ ※ ※ ※ ※


オムツの防臭袋用に「BOS」を使ってみた

保育所からオムツを一つづつ入れられるように、袋を用意してくださいという話がありました。

どんな袋かというと、スーパーでお肉を買った時に、もらう透明な袋くらいのサイズです。

今までは、例えば、スーパーでもらう大きい方の袋(持って帰る用の袋)に、複数のオムツをそのまま、まとめて入れていたのですが、それだけだと、ニオイが外に漏れてしまうようです。

その対策として、
オムツを一つづつ小さい袋に入れたものをさらに大きな袋に入れるようにしたいということです。

自宅でも同じで、特に夏場は気温が高いためかニオイがきつくなっている気がしますね。

以前、息子が肺炎で入院していた時にも、病院から、オムツを一つづつビニールに入れておいてくださいと指示がありました。こちらは防臭以外に、菌の感染などを防ぐ役目もあったとは思いますが。

↓その時と今と、うちではこちらの「BOS」というのを使っています。

「ボス」と言っても缶コーヒーの「BOSS」じゃないですよ。

「オムツ」や「ウンチ」の防臭にすぐれているようです。袋に入れると確かにニオイがしません。

防臭の袋は、ネットでもたくさんの種類の商品が売っているのですが、それはほとんどが尿に含まれるアンモニアのニオイを防ぐもので、今回はウンチをした時のオムツ用に防臭袋が欲しかったのでこのBOSを購入しました。

けっこう重宝しています。
夏場は冬場とはまた違った対策が必要になってきますね。