父ロボの日記

頭の固い父親の子育て奮闘日記!



※ ※ ※ ※ ※ ※ ※ ※ ※ ※ ※ ※ 他にもブログを書いています。 ※ ※ ※ ※ ※ ※ ※ ※ ※ ※ ※ ※

→何ゴト?  →マンガのススメ  →数の研究所  →GUNDAM RASH

※ ※ ※ ※ ※ ※ ※ ※ ※ ※ ※ ※ ※ ※ ※ ※ ※ ※ ※ ※ ※  ※ ※ ※ ※ ※ ※ ※ ※ ※ ※ ※ ※


左手は添えるだけ

最近、息子がスプーンを上手に使って 御飯を食べられるようになってきました。

前までは、スプーンで上手にすくうことができなかったり、すくえても口元で落としてしまったりして、結局最後には手づかみで食べてしまうという感じでした。

それがうまいことご飯をすくえたり、スプーンの向きを水平に保ったまま口元までもっていってパクリと食べられるようになってきました。(時々まだ手づかみすることもあるけれど。)

これも保育所で鍛えてもらっているおかげでしょうか。

ご飯を食べる時に、もう一つ感心したことがあります。
息子がスプーンですくう時に、器が固定されていない状態だと、スプーンを動かすと同時に器まで動いてしまって、すくえないということが以前にありました。
しかし、今までは使っていなかった左手で器を支えて右手で持ったスプーンを使ってご飯を食べるようになりました。
左手はただ添えるだけなのですが、これはすごい進歩です。

自分たち親がスプーンでご飯をすくって食べさせていた頃がなつかしいー。