読者です 読者をやめる 読者になる 読者になる

父ロボの日記

頭の固い父親の子育て奮闘日記!



※ ※ ※ ※ ※ ※ ※ ※ ※ ※ ※ ※ 他にもブログを書いています。 ※ ※ ※ ※ ※ ※ ※ ※ ※ ※ ※ ※

→何ゴト?  →マンガのススメ  →数の研究所  →GUNDAM RASH

※ ※ ※ ※ ※ ※ ※ ※ ※ ※ ※ ※ ※ ※ ※ ※ ※ ※ ※ ※ ※  ※ ※ ※ ※ ※ ※ ※ ※ ※ ※ ※ ※


息子がやっと退院、病室がトイレとエアコン付きで、奥さんの負担軽減

40度の熱が出て入院してから数日、やっと退院の日が来ました。

数日間は39度くらいの熱が続き、母と父が交代で看病をしました。

調子が悪い時は、ごはんをあまり食べなくて心配ですし、 調子がよくなってきたらなったで、退屈そうで暴れて、心配が絶えませんでしたが、無事に治ってよかった。

病院は、国が立てている普通の病院ですが、最近できたらしくとても綺麗でした。

入院中、何よりよかったのは、部屋が個室だったこと。息子はフロア中に響き渡るほどの声ですごく泣くことが多かったので、防音効果があり他の方に迷惑をかけずに済みました。

さらに、エアコンも一つの部屋に一つ付いていたので、他の方に気を使うことなく、息子の具合に合わせて気温を調節できたので助かりました。

さらに、トイレが病室内に個別で付いていたので助かりました。まだ息子はオムツをしているので、そばを離れることなくオムツを処理できたのと、親がトイレに行っても子供の声が聞こえる距離にいられる点は大きいですね。

さらに、たまたま端の部屋だったらしく壁一面が窓になっていて、外の景色が見えることで病室にいる窮屈さがなくてよかったです。

病院は、値段的にはセレブな病院というわけでもなかったのですが、いろいろ設備が整っていました。

夜寝る時は、奥さんが息子に付き添って寝ていたのですが、以前入院した相部屋の時と違ってとてもリラックスできたそうです。(前の時は窓もなく6人部屋の真ん中のベッドだったので。)

奥さんの負担が少しでも減ってよかった。