父ロボの日記

頭の固い父親の子育て奮闘日記!



※ ※ ※ ※ ※ ※ ※ ※ ※ ※ ※ ※ 他にもブログを書いています。 ※ ※ ※ ※ ※ ※ ※ ※ ※ ※ ※ ※

→何ゴト?  →マンガのススメ  →数の研究所  →GUNDAM RASH

※ ※ ※ ※ ※ ※ ※ ※ ※ ※ ※ ※ ※ ※ ※ ※ ※ ※ ※ ※ ※  ※ ※ ※ ※ ※ ※ ※ ※ ※ ※ ※ ※


否定することを覚えてきた息子

1歳の時は何でも素直に聞いていた息子が、2歳になってから「◯◯しない!」と否定することを言うようになってきた。
大変だけど成長したことを喜ぶべきだろうか。

父ロボ「お風呂入ろうっか?」
息子「はいりゃない!」
(お布団にバフッと顔をうずめて抵抗する)

父ロボ「ごはん食べようっか?」
息子「わぁー、おいししょー!」
父ロボ「豆腐食べようっか?」
息子「たべにゃい!」
(見た目だけで食わず嫌いが多い、口の中に入れておいしいとわかるとその食べ物を集中して食べる)

父ロボ「絵本読もうっか?」
息子「よまにゃい!」
(テレビを見たい時や他のことをしたい時は、こう答える)

父ロボ「散歩行こうっか?」
息子「いかにゃい!」
父ロボ「お外行ったら、すべり台があるかもしれないよー」
息子「うふふ^^おそといくー?」
(何か息子の興味のあるものが外にあることを教えてあげると外に出る気になる)

父ロボ「チャギントン見よっか?」
息子「うふふ^^チャイントン!チャイントン!」
(テレビのチャギントンは好きだからとりあえず見るらしいー)

父ロボ「トーマス見よっか?」
息子「トーマスみにゃいっ!」
(前までは見ていたのだが、やっぱりチャギントンの方が気に入っているらしいー)

2歳のイヤイヤ期ってこうなのかなー、それとももっとひどくなってくるのかなー?