父ロボの日記

頭の固い父親の子育て奮闘日記!



※ ※ ※ ※ ※ ※ ※ ※ ※ ※ ※ ※ 他にもブログを書いています。 ※ ※ ※ ※ ※ ※ ※ ※ ※ ※ ※ ※

→何ゴト?  →マンガのススメ  →数の研究所  →GUNDAM RASH

※ ※ ※ ※ ※ ※ ※ ※ ※ ※ ※ ※ ※ ※ ※ ※ ※ ※ ※ ※ ※  ※ ※ ※ ※ ※ ※ ※ ※ ※ ※ ※ ※


化血研の作ったB型肝炎ワクチンを子供に射ってしまった話

↓最近ニュースになっている化血研の話です。
http://mainichi.jp/select/news/20151203k0000m040054000c.html

血液製剤やワクチンの国内有数のメーカーである一般財団法人「化学及血清療法研究所」(化血研、熊本市)が、国が承認していない方法で血液製剤を製造した問題で、化血研は2日、製造記録を偽造するなど隠蔽(いんぺい)工作をしながら、40年以上にわたり国の承認書と異なる不正製造を続けていたとの調査結果を明らかにした。厚生労働省は化血研を行政処分する方針。
 

血液製剤の話があがっていたので、自分のことろには関係ないかと思っていたら関係大ありでした。

小さいお子様がいるところの親御さんたちは、このニュースを聞いて不安になっている方も多いのではないでしょうか。

化血研は、「B型肝炎」や「インフルエンザ」のワクチンも製造していたという話です。

「B型肝炎」のワクチンに関しては製造シェアが80%とという話だったので、

息子にワクチンを射った時のメーカーを調べることにしました。

母子手帳にラベルが貼られていたので確認しました。

化血研と書いてありました。オーマイゴット。

「インフルエンザ」ワクチンの方は運良く別のメーカーでした。

人の命にかかわるものを製造しているメーカーが、しかもかなりのシェアを占めているところが、40年以上も不正をはたらいていたというのは、決して許されることではありませんね。

しかしながら、ワクチンを打ってしまった後ではどうしようもありません。

何ごともないことを祈るばかりです。