読者です 読者をやめる 読者になる 読者になる

父ロボの日記

頭の固い父親の子育て奮闘日記!



※ ※ ※ ※ ※ ※ ※ ※ ※ ※ ※ ※ 他にもブログを書いています。 ※ ※ ※ ※ ※ ※ ※ ※ ※ ※ ※ ※

→何ゴト?  →マンガのススメ  →数の研究所  →GUNDAM RASH

※ ※ ※ ※ ※ ※ ※ ※ ※ ※ ※ ※ ※ ※ ※ ※ ※ ※ ※ ※ ※  ※ ※ ※ ※ ※ ※ ※ ※ ※ ※ ※ ※


やけどしないように熱いかぼちゃを指で確認する

息子はかぼちゃが大好きなので、スーパーで頻繁に買ってきます。

そして、柔らかくするためによく煮ています。

そのため、どうしてもごはんを出す時には熱くなってしまいます。

冷めてしまったものを出すのもいいのですが、それはそれで気が引けてしまう。

そして、すぐにかぼちゃを見つけては「かぼちゃ!かぼちゃ!」と、息子はテンションがあがって

食べようとするのですが、口に持ってきて食べては「あつかった?あつかった?」と、

自分のことなのに疑問形で問いかけてきます。

「熱いから、ふーふー、しないといけないよ」と親が言うと、

口で「ふーふー」とは言うものの音が出るだけで、肝心の冷風が出てきません。

そして、そろそろ大丈夫かなという頃合いになって、もうかぼちゃ大丈夫だよと言ったところ、

スプーンですくったあと、かぼちゃを人さし指で「ぴとっ」と触っていました。

どうやら、熱さを指で確認しているようです。

子供ながらによく考えてるなーっと関心するのでした。