読者です 読者をやめる 読者になる 読者になる

父ロボの日記

頭の固い父親の子育て奮闘日記!



※ ※ ※ ※ ※ ※ ※ ※ ※ ※ ※ ※ 他にもブログを書いています。 ※ ※ ※ ※ ※ ※ ※ ※ ※ ※ ※ ※

→何ゴト?  →マンガのススメ  →数の研究所  →GUNDAM RASH

※ ※ ※ ※ ※ ※ ※ ※ ※ ※ ※ ※ ※ ※ ※ ※ ※ ※ ※ ※ ※  ※ ※ ※ ※ ※ ※ ※ ※ ※ ※ ※ ※


幼児の入院で必要なもの

昨日から引き続き、息子の体調不良。

本日、大きな病院で見てもらったところ、どうも気管支炎という診断結果でした。

正式にはまだ病状を聞いてません。

マイコプラズマ肺炎ではないらしいです。

採血したところ、白血球が異常なほど多いので入院することになりました。

これで生まれてから3回目の入院となってしまいました。

RSウィルス、マイコプラズマ肺炎、気管支炎? という感じです。

朝から診察、点滴を受けて入院するまでは自分がついておりました。夜からは奥さんについてもらっています。

息子と1日中病院にいて、入院するまでの気付いた点をメモしておきます。

大きな病院で見てもらう時は紹介状を忘れずに!

大きな病院で見てもらう時の話です。紹介状がない時は余計にお金がかかったり、後回しにされて時間を取られたりするので、近くの診療所で診てもらってから行きましょう。

診療所でもらった薬の内容をメモしておこう!

大きな病院では、診療所でどんな薬をもらったか聞かれるので、薬の内容をメモしておくか、実物を持って行きましょう!

オムツの替えはたくさん用意しましょう!

病院に行くと、点滴をしてもらうことがあります。息子の場合は11時から16時まで点滴をすることになりました。長い!
そんな時に必要なのがオムツ!通常でもこれだけの時間がかかれば2、3枚は必要ですが、点滴をしていることにより、さらに量が倍増!
30分で1枚必要だったこともありました。

ミネラルウォーターを持って行こう!

水は必須ですよね。さらに幼児にはどんな水でもいいというわけにはいかないので、コンビニなどでミネラルウォーターを買うといいでしょう。
点滴をしている場合でも口が乾くので、大量に持っていくといいでしょう。

子供のご機嫌取りを忘れずに

ベビーカーなどに乗っているくらいの幼児の場合、体が弱っていると病院ではそうそうに下ろすこともできないので、体を動かせずに暇を持て余してしまうことがあります。

そして、泣いてしまった場合にはもう手がつけられません!診察もなかなか進まないこともあります!

そこで、自分が用意したものは、絵本、折り紙、ぬり絵、アイパッドの動画、キャラクターシール、といろいろ用意しましたが、それでも1日持ちませんでした。

じっとしていても、何か子供が楽しめるものを用意しておいた方がいいかもしれません。

入院時の保証人は夫婦以外にもう1人必要なことがある

子供が入院する際に、子供と同居していない人の保障が1人必要でした。
なので、子供からみて、祖父や祖母にお見舞いついでにハンコをもらいましょう。

救急病棟への入院の時は、晩ごはんを確認しましょう!

とりあえず息子は救急病棟のベットに入ることになったのですが、18時に晩ごはんをいただけるところが、18時半になってもこなかったので、ナースステーションに確認しに行ったところ、オーダーが通っていませんでした。
忙しそうだったので、仕方ないのですが、2時間経つとご飯を食べないでくださいと言われることもあるので、入院する子供のご飯は、早めに確認しましょう!

心電図の配線のせいで着替えが大変なことがある

幼児が内科的なところで入院していると、ベットにいる時に脈拍などを取ることが多いです。
体の周りがその心電図の配線や、点滴のチューブなどのラインだらけになることもあり、さらにそのラインを服の中を通すこともあるので、服を着替える時に看護師を呼ばないといけないこともあります。なので、汗を拭いてもらう時や、ラインを外してもらえるようないいタイミングを見計らいましょう!

付き添いは基本1人

一つのベッドに幼児に付き添って寝ることになるので、基本付き添いは1人だと思っていいです。
なので、父親と母親のどちらかになると思います。 共働きの家庭も多いと思いますので、付き添い交代が可能な時間とお互いの仕事の時間の兼ね合いで、交代する時間を合わせましょう!

付き添いの方のご飯は常温でいいものを

基本、付き添いの方のごはんは出ないと思います。
そして、病院には冷蔵庫や電子レンジが使えないことも多いです。
なので、付き添いの方の食べ物は、暖めないといけないものや、冷やしておかなければならないものは避けた方がいいかもしれません。

付き添いの人のトイレは行ける時に!

幼児の付き添いの場合、なかなかトイレに行くために子供から離れることができません。
なので、隙を見て近くに看護師さんがいる時や、子供が寝ている時などは、看護師さんに声をかけることをためらわず、行ける時にガンガントイレに行きましょう!


とりあえず今日、入院する際に気をつけた方がいいと思ったことを書いてみました。

参考にしてくださいー!