読者です 読者をやめる 読者になる 読者になる

父ロボの日記

頭の固い父親の子育て奮闘日記!



※ ※ ※ ※ ※ ※ ※ ※ ※ ※ ※ ※ 他にもブログを書いています。 ※ ※ ※ ※ ※ ※ ※ ※ ※ ※ ※ ※

→何ゴト?  →マンガのススメ  →数の研究所  →GUNDAM RASH

※ ※ ※ ※ ※ ※ ※ ※ ※ ※ ※ ※ ※ ※ ※ ※ ※ ※ ※ ※ ※  ※ ※ ※ ※ ※ ※ ※ ※ ※ ※ ※ ※


保育士の待遇改善の過剰なデモを見ていて悲しくなる

↓保育士の待遇改善を求めて、抗議デモがあったそうです。

保育士を目指す高校生らが3月25日午後8時、国会前で、給与アップなどの待遇改善を求めて声を上げた。
 
抗議行動は、保育士を目指す男子高校生のソラさん(16)がTwitterで呼びかけ、寒空の下、国会前に「保育士の給与を上げよう」「保育士の月給10万円UP」などと書かれたプラカードを手にした当事者たち80人ほどが集まった。ソラさんがマイクで先導し、国会前には「保育士の待遇今すぐ改善」「保育士なめんな」「子どもの未来に税金まわせ」とコールが響いた。

保育所に子供を預けている親としては、
「介護士や保育士など、責任重大な職業なのに給与が十分にもらえていない、そんな方たちの給与をアップさせた方がいい」という意見には賛成です。

しかし、今回のデモのように、保育士を目指している最中で、まだ実際に働いてもいない高校生をはじめ、「保育士なめんな」などと暴言を吐いているような方達に、親御さんたちは自分の子供を預けたいと思うでしょうか?

少なくとも自分は思いません。

関係者が多数の署名などを集め提出して、保育士の待遇改善を求めたりした結果、 ようやく政府が重い腰を上げて、検討し始めているのに、保育士や保育士になりたいと思っている人たちが、このような過剰なデモ行為をしているのを見るのは悲しいですね。