読者です 読者をやめる 読者になる 読者になる

父ロボの日記

頭の固い父親の子育て奮闘日記!



※ ※ ※ ※ ※ ※ ※ ※ ※ ※ ※ ※ 他にもブログを書いています。 ※ ※ ※ ※ ※ ※ ※ ※ ※ ※ ※ ※

→何ゴト?  →マンガのススメ  →数の研究所  →GUNDAM RASH

※ ※ ※ ※ ※ ※ ※ ※ ※ ※ ※ ※ ※ ※ ※ ※ ※ ※ ※ ※ ※  ※ ※ ※ ※ ※ ※ ※ ※ ※ ※ ※ ※


上越新幹線の「現美新幹線」の子供向けプレイルームが素敵

↓現代アートを楽しむ観光列車「現美新幹線」というのが登場するらしいです。

↑こちらは、蜷川実花さんが撮影した新潟県の「長岡の花火」の写真が、車両にラッピングされています。

外からデザインを楽しめますね。

↑こちらは子供用のプレイルーム。

乗車している人が楽しめるように、内装のデザインにも、こっているのはいいですね。

子どもも大人も見て楽しめます。

このプラレールが置いてある段差の部分もいいですね。高すぎず、低すぎず。

ちょうど、列車の窓が、子どもが座った時の目線にあるので、安全に外も見れます。

奥に食堂車が見えるので、ご飯が用意されるまで、「おなかすいたー」っと言っている子どもを遊ばせておくなどできるかもしれないですね。

新幹線などの列車に、長時間乗るのって、子どもにとっては退屈でしょうがないですよね。

そういう時に、こういったプレイルームがあるとうれしいです。

しかも見た目がいい。こういう列車がもっと増えてほしい。

上越新幹線の新潟〜越後湯沢間で4月29日から運行するらしいです。