読者です 読者をやめる 読者になる 読者になる

父ロボの日記

頭の固い父親の子育て奮闘日記!



※ ※ ※ ※ ※ ※ ※ ※ ※ ※ ※ ※ 他にもブログを書いています。 ※ ※ ※ ※ ※ ※ ※ ※ ※ ※ ※ ※

→何ゴト?  →マンガのススメ  →数の研究所  →GUNDAM RASH

※ ※ ※ ※ ※ ※ ※ ※ ※ ※ ※ ※ ※ ※ ※ ※ ※ ※ ※ ※ ※  ※ ※ ※ ※ ※ ※ ※ ※ ※ ※ ※ ※


うかつなことはできない、初めて子供に注意された日

1年前くらいに、うちの奥さんが息子のために、「牛乳パックで作った子供用のイス」。

この「手作りイス」は、とても丈夫に作られているため、今でも息子が愛用して使っています。

最近、よく動くようになってきた息子は、いろんなところによじ登ろうとします。

この「手作りイス」の上にも乗って遊ぼうとして、バランスがくずれそうになるので、

そんな時、自分は「あぶないよ、おちたらイタイイタイなるよ?」と息子に注意します。

そして、ある日、息子が↓別の椅子を使っている時に、

先ほどの「手作りイス」を自分が足の置き場代わりに使っていました。

すると、それをちょうど息子が見ていて、

イタイイタイなるよ?」っと自分に言ってきました。

そうです、これは自分がいつも息子に言っていることです。

それを聞いた自分はビックリして、

「そうだねー、イタイイタイなるね、やめよう」っと言って、足を下ろしました。

息子は、いつもイスの上に乗って怒られているから、言われたことをしっかりと覚えてるんだろうなー。

うかつに、悪いお手本は見せられないなーっと思ったのでした。