読者です 読者をやめる 読者になる 読者になる

父ロボの日記

頭の固い父親の子育て奮闘日記!



※ ※ ※ ※ ※ ※ ※ ※ ※ ※ ※ ※ 他にもブログを書いています。 ※ ※ ※ ※ ※ ※ ※ ※ ※ ※ ※ ※

→何ゴト?  →マンガのススメ  →数の研究所  →GUNDAM RASH

※ ※ ※ ※ ※ ※ ※ ※ ※ ※ ※ ※ ※ ※ ※ ※ ※ ※ ※ ※ ※  ※ ※ ※ ※ ※ ※ ※ ※ ※ ※ ※ ※


小児科で毎回体温を言わなくてもいいように体温表を作りました。

小さい子供のうちは頻繁に風邪をよく引きます。

うちの息子も小児科へ行きよく診てもらうのですが、その際、

毎回決まって聞かれるのが「温」です。

「熱はいつから出たのか?」とか「どれくらいまで上がったのか?」など、聞かれます。

その度に、紙にメモしていたのものを見たりして、

「いついつから上がり出しました。」などとお医者さんに話をします。

しかし、うる覚えの時もあったりして、わからない時もよくあります。

病院にかかる度に、この話を毎回しなければならず、

ついには、小児用体温表の紙を渡されて、毎日、「朝・昼・晩」と体温をつけてみてください、と言われました。

↓こんな紙です。

http://cc0.cc/hatena/com/img/?u=titirobo/2016/20160423_1500_01.gif

これはこれで、紙を1枚出すだけで、すぐに状態がお医者さんに伝わるので便利なのですが、毎回書くのは少し面倒。

携帯やパソコンで入力できて、プリントアウトできないかなーっと思い、

色々、アプリなどを探していました。

婦人用の基礎体温をつけるアプリはたくさんあるのですが、子供用のはシンプルな体温表アプリが見つかりませんでした。

なので、いっそのこと自分で作ってみました。

↓入力の画面はこんな感じ、

http://cc0.cc/hatena/taion/

↓グラフの画面はこんな感じ

http://cc0.cc/hatena/taion/

アプリでも作れるのですが、今回は誰でも使えるように、WEBサイトで作りました。

登録した体温データはサーバーには保存しないで、ブラウザのcookieで保存するようにしました。

なので、cookieを消したらデータは消えますので、一時的なものとして使っています。

こういうのを使えば、入力も簡単で、プリントアウトもできて、小児科の先生にも、すぐに子供の状態を伝えられるのではないでしょうか?

>体温表のページ

2016/04/30 追記

この体温表を印刷する時に、37度の赤色のラインが印刷されない時は、プリンタ設定で「背景色を印刷する」にチェックが必要な場合があります。