読者です 読者をやめる 読者になる 読者になる

父ロボの日記

頭の固い父親の子育て奮闘日記!



※ ※ ※ ※ ※ ※ ※ ※ ※ ※ ※ ※ 他にもブログを書いています。 ※ ※ ※ ※ ※ ※ ※ ※ ※ ※ ※ ※

→何ゴト?  →マンガのススメ  →数の研究所  →GUNDAM RASH

※ ※ ※ ※ ※ ※ ※ ※ ※ ※ ※ ※ ※ ※ ※ ※ ※ ※ ※ ※ ※  ※ ※ ※ ※ ※ ※ ※ ※ ※ ※ ※ ※


水を飲んで本領発揮した三輪車の練習

以前、保育所で、「(息子くんは)三輪車によく乗っていますよ」と保育士さんに言われました。

しかし、家の三輪車は自力でこいでいるところを見たことがない!

というわけで、練習させてみることにしました。

アイデス 折りたたみコンポ タウン グリーン

アイデス 折りたたみコンポ タウン グリーン

乗せてみたところ、上半身を動かしてなんとか前に進ませようとするも、前身しないので、思い通りにならず「うぁ〜ん」と泣き叫ぶ息子。

(本当に保育所では乗れているのだろうか・・・)

いきなり平坦な場所では難しいかもしれないので、ほんの少し下り坂になっているところで練習することにしました。

すると、最初のひとこぎさえできれば、坂で勢いがついてなんとかこげるという状態。

そんな時に、「お水〜」と喉が渇いた様子の息子。

お水を入れたマグは常備しているので、それをあげると勢いよく飲む息子。

飲み終えるまで待った後、ふと考えました。

「三輪車に乗れたらお水が飲める」という風にすれば、もしかしたら三輪車をこぐのを頑張るのではないだろうか?

そして、再び、息子がお水を欲しがった時に、「お水はママのところまで行けたら飲みましょうか?」っと言いました。

すると、「お水ぅーーー!うわーーーん!」と言って、

今までは出さなかったような足の力でペダルを踏ん張って蹴って、

ママのところまですぐに三輪車をこいで行きました。

(今までは本気を出していなかったのか・・・。)

そして、水を飲む度に、ママまでの距離を少しずつ伸ばしていくと、

いつしか、平坦な道も自力で三輪車をこげるようになりました。

たった1日でがらりと状況が変わりました。お水の力、恐るべし。

本当に飲食が大好きなんですよね、息子は。

保育所では必ず「ご飯をおかわりしましたよ」と言われますし。

食べ物(今回は飲み物だけど)の力ってすごいって思いました。