父ロボの日記

頭の固い父親の子育て奮闘日記!



※ ※ ※ ※ ※ ※ ※ ※ ※ ※ ※ ※ 他にもブログを書いています。 ※ ※ ※ ※ ※ ※ ※ ※ ※ ※ ※ ※

→何ゴト?  →マンガのススメ  →数の研究所  →GUNDAM RASH

※ ※ ※ ※ ※ ※ ※ ※ ※ ※ ※ ※ ※ ※ ※ ※ ※ ※ ※ ※ ※  ※ ※ ※ ※ ※ ※ ※ ※ ※ ※ ※ ※


複数のお話が入った一冊の絵本を読むのはどうでしょうか?

↓うちの息子が気に入っているこちらの絵本、複数の有名な絵本作家さんがお話を書かれています。

ぼうけんのめいさくたからばこ

ぼうけんのめいさくたからばこ

  • 作者: 山本和子,松本かつぢ,西村敏雄,飯野和好,あべ弘士,高畠那生
  • 出版社/メーカー: 学研教育出版
  • 発売日: 2013/11/05
  • メディア: 単行本
  • この商品を含むブログを見る

おいしいめいさくたからばこ: たべもののお話がいっぱい! 全12話

おいしいめいさくたからばこ: たべもののお話がいっぱい! 全12話

  • 作者: 山本和子,西村敏雄,いりやまさとし,ふくざわゆみこ,鈴木えりん,中村みつを,こばようこ,タバサナオミ,コンノユキミ,関口真優,たんじあきこ,accototo,西内としお
  • 出版社/メーカー: 学研教育出版
  • 発売日: 2011/10/04
  • メディア: 単行本
  • クリック: 1回
  • この商品を含むブログを見る

子供に絵本を読んでいる時に、いつも思うことは、一冊を最初から最後まできちんと読もうとすると、とにかく時間がかかるということ。

保育園にいる時と、子供が寝ている時以外の時間って、けっこう限られてますからね、

その中でも、絵本を読む時間はさらに限られてきます。

それに、絵本を最後まで読んだ後に、「もう1回読んで!」と、何度もお願いされた日には、「もう勘弁してー」っと親はバタっと倒れてしまいます。

それでも、絵本を読み始めたら、途中で読むのをやめると子供に申し訳ないので、なんとか全部読んであげたいと思って読み切るのですが、

たまに、「これが絵本の量なのか?」、というくらい長いお話のものもあります。

なので、先に紹介した絵本みたいに、「一冊の本に複数の話が入っているもの」があれば、

・子供としては、あまり飽きがこない。
・もくじにある絵から、子供自身が好きな話を選ぶことができる。
・親としても、一つ一つの話が短いので、読み聞かせしやすい。
・外に持っていく時に一冊で済む。

こんな感じで、色々メリットがあって、これはこれで読み聞かせしやすいのかなと思いました。