父ロボの日記

頭の固い父親の子育て奮闘日記!



※ ※ ※ ※ ※ ※ ※ ※ ※ ※ ※ ※ 他にもブログを書いています。 ※ ※ ※ ※ ※ ※ ※ ※ ※ ※ ※ ※

→何ゴト?  →マンガのススメ  →数の研究所  →GUNDAM RASH

※ ※ ※ ※ ※ ※ ※ ※ ※ ※ ※ ※ ※ ※ ※ ※ ※ ※ ※ ※ ※  ※ ※ ※ ※ ※ ※ ※ ※ ※ ※ ※ ※


他人事ではない、「しつけ」で小学生を山林に置き去る事件

↓子供が山林に置き去りにされた事件ですが、人ごとではないと思いました。早く見つかって欲しいと思います。

北海道七飯(ななえ)町東大沼の山林で28日夕から、北海道北斗市の小学2年生、田野岡大和君(7)が行方不明になっている。函館中央署によると、両親が「しつけのため」として山中で車から降ろし、数分後に戻った時には姿が見えなくなっていたという。同署や消防などが29日も約180人態勢で捜索したが、日没までに見つからなかった。

この「しつけ」の内容が、どういう経緯だったか細かい話はわかりませんが、うちでも同じようなことが起きないようにしたいと思いました。

山林ではないですが、うちでも、例えばショッピングモールで、おもちゃコーナーに行って、帰ろうとした時に、「そろそろ帰るよ」と言っら、「いやー、やだー」と言うイヤイヤ期真っ最中の息子。

最近、こういった感じで、親の進む方向とは逆方向または、座り止まってしまう、シーンが多いのですが、

「お父さんとお母さんは先にお家に帰っちゃうよ―」っと言って、私たち親は、ちょっと離れて角を曲がったところから、自分たちの姿を隠して、ちらっと息子の様子を見たりすることがよくあります。

そんな中、5分とは言いませんが、こちらの姿が見えそうになり隠れて、数秒間、目を離してしまうこともありました。でもやっぱりちょっとでも目を離すのはダメですね。

たったその数秒で、小さな子は、急にどこかへ走りだしてしまうこともありますので。

そもそも、こういうのって「しつけ」でもなんでもないですよね。
もうちょっと 子供と話し合うことが大事なんですけど、ごはんを作る時間だったりして時間がなくって早く帰らないといけなかったりするから、こういうことになってしまうんでしょうね。

子供自身の為を思って次の行動を起こそうとしているのに、それを理解してもらえず、駄々をこねている子供に腹を立ててしまって、起こしてしまう行動なのかもしれないですね。

自分としても反省し、これからは気をつけたいと思いました。