父ロボの日記

頭の固い父親の子育て奮闘日記!



※ ※ ※ ※ ※ ※ ※ ※ ※ ※ ※ ※ 他にもブログを書いています。 ※ ※ ※ ※ ※ ※ ※ ※ ※ ※ ※ ※

→何ゴト?  →マンガのススメ  →数の研究所  →GUNDAM RASH

※ ※ ※ ※ ※ ※ ※ ※ ※ ※ ※ ※ ※ ※ ※ ※ ※ ※ ※ ※ ※  ※ ※ ※ ※ ※ ※ ※ ※ ※ ※ ※ ※


ふわふわボールで子供と遊ぶ

↓こんな感じの「ふわふわボール」。百円ショップなどでよく見かけます。

最初にこれを見つけたのは、保育所で、その時は「ピンセット」みたいなものと一緒に置いてありました。

おそらく、ピンセットでふわふわボールをつまんで運んだりして、手先の感覚を育てるものだと思います。

百円ショップで、早速買ってみました。

すると、息子は興味津々。保育所でも気になっていたみたいなので。

最初は、自分が片方の手に一個だけ、ふわふわボールを握って隠して、両手を差し出して、

「どっちだ?」と言って選ばせました。

入ってない方を選んだ場合は、「ないー」っと言って、

入っている方を選んだ場合は、「あったー!」っと言うと、喜びます。

逆に、今度は息子が同じように手に隠して、自分が「こっち」と、ある方を選ぶと、

なぜかそっちの手を後ろに下げ、ない方を選ばせようとします。

どうしても、ある方を選ばせてくれないので、仕方なく、ない方を選ぶと、

「ないー!」っと外したことを喜んでいました。どこでそんないじわるの仕方を覚えたのか。

そして、何度か、そんなことを繰り返した後に、片方の手に一度に10個くらい握って隠してみました。

ふわふわなので、圧縮してけっこう手に持つことができます。

そして、再度、「どっちだ?」と言って、息子が10個入っている方を選んだら、手を開ける瞬間、「ボンッ!」と自分が言って、

子供の顔に当てると、びっくりしたと同時に、すごく笑って喜んでいました。

ふわふわボールはいいですね。体に当てても全然痛くないですし。

ただ、散らかるので、集めるのに時間と手間がかかるんですけどね。

その後、枕投げならぬ、ふわふわボールを自分と息子で、お互いに投げ合っていました。