父ロボの日記

頭の固い父親の子育て奮闘日記!



※ ※ ※ ※ ※ ※ ※ ※ ※ ※ ※ ※ 他にもブログを書いています。 ※ ※ ※ ※ ※ ※ ※ ※ ※ ※ ※ ※

→何ゴト?  →マンガのススメ  →数の研究所  →GUNDAM RASH

※ ※ ※ ※ ※ ※ ※ ※ ※ ※ ※ ※ ※ ※ ※ ※ ※ ※ ※ ※ ※  ※ ※ ※ ※ ※ ※ ※ ※ ※ ※ ※ ※


子供が生まれてから、自分もちゃんと病院に行くようになった

うちの息子は、風邪などの病気にかかることが多いので、小児科によく行きます。

たぶん、子供はみんなそうなんじゃないでしょうか、免疫力をつけるということも含めて。

なので、子供の体に何かあってはいけないと、病院に行くのは当たり前だと思っているのですが、

子供が生まれてから、自分自身のことで病院に行く機会も増えました。

以前は、自分が風邪を引いた時でも、なかなか病院に行こうとせず、寝てれば治るだろう程度に思っていましたし、

若い時は、いつ病気にかかっても、自分の体のことだから、まぁいいかと思うところがありました。

それが、今では、体の調子が悪くなったら、すぐに病院に行くようになりました。

家族もできて、もう自分だけの体ではなくなったからでしょうか。

もしかしたら、単に、子供から病気をもらうことが多くなっただけかもしれませんが。

自分に守るものが増えるということは、まずは自分を守らなければ始まらないと、考えるようになりました。