読者です 読者をやめる 読者になる 読者になる

父ロボの日記

頭の固い父親の子育て奮闘日記!



※ ※ ※ ※ ※ ※ ※ ※ ※ ※ ※ ※ 他にもブログを書いています。 ※ ※ ※ ※ ※ ※ ※ ※ ※ ※ ※ ※

→何ゴト?  →マンガのススメ  →数の研究所  →GUNDAM RASH

※ ※ ※ ※ ※ ※ ※ ※ ※ ※ ※ ※ ※ ※ ※ ※ ※ ※ ※ ※ ※  ※ ※ ※ ※ ※ ※ ※ ※ ※ ※ ※ ※


おもちゃは子供のものだと改めて反省する父

息子が持っている「木製版プラレール」を拝借して、「ポケモンGOの卵の自動孵化装置」を作りました。

それを作っている最中に、拝借していたプラレールの車両を息子が掴んで、「これ、◯◯くん(息子の名前)のー」と言われ、何度かどこかへ持って行かれました。

そうです、確かに息子くんのおもちゃです。父が悪いです。

子供って、楽しい遊びを伝えたい時に、「こっちにおいでー」とか、「おもしろいものがあるよー」っと言っても見向きもしない時もあれば、

今回のように、特に呼んでいなくても、やってきて遊ぼうとする時があるんですよね。

よほど父がやっていることが面白そうに見えたんでしょうね。

レールを置く場所の角度などを真剣に考えている間、自分が「邪魔しないでー、そこでじっとして見ててー」と、息子を邪険な扱いをしてしまったことを反省。

ということで、この装置はすぐに撤去しました。

何かに夢中になってしまう時こそ、注意が必要だなーっと思いました。