父ロボの日記

頭の固い父親の子育て奮闘日記!



※ ※ ※ ※ ※ ※ ※ ※ ※ ※ ※ ※ 他にもブログを書いています。 ※ ※ ※ ※ ※ ※ ※ ※ ※ ※ ※ ※

→何ゴト?  →マンガのススメ  →数の研究所  →GUNDAM RASH

※ ※ ※ ※ ※ ※ ※ ※ ※ ※ ※ ※ ※ ※ ※ ※ ※ ※ ※ ※ ※  ※ ※ ※ ※ ※ ※ ※ ※ ※ ※ ※ ※


「記憶力」「想像力」「発想力」子どもの急成長に驚いている父

最近、急な子どもの成長ぶりに驚いております。

親バカに思われるかもしれませんが。

以前との違いを見抜く「記憶力」

例えば、

・奥さんと息子がでかけた後、自分が玄関に自転車の空気入れを置いていたら、帰ってきた時に一目散にそれに気づいて「シュー」っと言いながら遊んでいたり。
 
・台所にキウイを一つ置いておいたら、買ってきたのを教えていないのに、食後に「キウイ食べるー」っと気づいていたり。

こんな感じで、すぐに「色々な違い」というものに気付きます。

今度、「間違い探し」にチャレンジさせてみようと思います。

見えないもので遊ぶ「想像力」

息子の遊び方も変わってきました。

形あるおもちゃなどで遊ぶだけではなく、目に見えないものがそこにあるかのようにして遊ぶようになりました。

例えば、

・子供が大好きなトーマス。これによく出てくる石炭。これをせっせと集める遊びをしたりする。
「石炭ジャーってします」とか言ったりして。
 
・自転車のヘルメットを買い物カゴに見立てて、その中にどんどん見えないものを入れていったりします。
「ピーマン入れてー、リンゴ入れてー、パン入れてー 」という風に食べ物を入れるフリをします。

こんな感じで、今まで見てきたものをちゃんと覚えていて、想像して遊んでいるんですね。

大人は考えもしない「発想力」

おもちゃで遊んでいる時に、ある物を別なものに見立てたりして遊ぶこともよくあります。

例えば、

・写真のようなおもちゃの人形に、よくあるガチャガチャの透明なカプセルをかぶらせて、「宇宙飛行士のヘルメットー」っと言って遊んでいました。
 

子どもは、大人では考えもしないようなことを思いつきますね。

考え方が柔軟なんでしょうねー。