読者です 読者をやめる 読者になる 読者になる

父ロボの日記

頭の固い父親の子育て奮闘日記!



※ ※ ※ ※ ※ ※ ※ ※ ※ ※ ※ ※ 他にもブログを書いています。 ※ ※ ※ ※ ※ ※ ※ ※ ※ ※ ※ ※

→何ゴト?  →マンガのススメ  →数の研究所  →GUNDAM RASH

※ ※ ※ ※ ※ ※ ※ ※ ※ ※ ※ ※ ※ ※ ※ ※ ※ ※ ※ ※ ※  ※ ※ ※ ※ ※ ※ ※ ※ ※ ※ ※ ※


おにぎりやみかんに顔を描いてみる

最近、涼しくなってきました。

今日は、天気もくもり空で、太陽も照っていなかったので、お散歩日和。

お弁当を作って、近くの植物公園に行くことにしました。

小さな子供が遊ぶ、すべり台の遊具などもあって、息子は、そこにいた同じ歳くらいのお友達と一緒に遊んでいました。

遊んでいる最中、狭い通路みたいなところがあって、

先を進んでいた息子がそこで立ち止まり、後ろからきたお友達に、「ここはダメですー」っと、

腕を交差させてバツ印を作って、ここは通れませんとポーズをとったり、

「踏み切りカンカンカン」と言って、同じように通せんぼしたり、意地悪をしていました。

保育所で同じような意地悪をしたり、されたりして遊んでいるんでしょうね。

こういった意地悪ももっと覚えていくのでしょうか。

とりあえず、「通せんぼしちゃダメ!」っと息子に注意しておきました。

そして、公園の芝生に行って、お弁当を食べることにしました。

↓こちらは。うちの奥さんが握ったオニギリです。

オニギリをラップで包んでいて、ラップに顔を書いています。

いろんなタイプの顔があると思ったら、表情で中の具がわかるようになっていて、酸っぱそうにしている顔は「梅干し」、目が線のものは「鮭」、普通の顔が「塩むすび」ということでした。

文字で書いていないところがおもしろいです。

↓そして、こちらは、デザートのみかん。最近、みかんがおいしい季節になってきて、息子のお気に入りです。

こちらは、みかんの皮に、「父」「母」「息子」の家族3人の顔が描かれています。

こういうところが、おもしろい事を考えるなーっと感心しています。