父ロボの日記

頭の固い父親の子育て奮闘日記!



※ ※ ※ ※ ※ ※ ※ ※ ※ ※ ※ ※ 他にもブログを書いています。 ※ ※ ※ ※ ※ ※ ※ ※ ※ ※ ※ ※

→何ゴト?  →マンガのススメ  →数の研究所  →GUNDAM RASH

※ ※ ※ ※ ※ ※ ※ ※ ※ ※ ※ ※ ※ ※ ※ ※ ※ ※ ※ ※ ※  ※ ※ ※ ※ ※ ※ ※ ※ ※ ※ ※ ※


子どもを乗せたまま楽なよつん這いの馬になる方法

うちには無印で買ったスツールがあります。

このイスの上に、大人が立って乗ると壊れてしまうことがあるとかで、以前、無印の商品回収の対象となった商品ですが、見た目がいい感じなのでそのまま使っています。

そして、ある日、よつん這いになって、背中に子どもを乗せて、馬のマネをしていました。

同じようなことをして、子どもと遊んでいるお父様方もいらっしゃると思います。

しかしながら、ずっとこの馬のかっこうをしていると、体力がもたず、大変だと思います。

実際、やってみると、すぐに疲れてしまったので、先程のスツールの上に、うつ伏せで、もたれかかるような感じで休憩していました。

ちょうど、馬の形ですっぽりお腹のところにイスが収まった状態です。

そこで思いつきました。

この状態で、子どもを背中に乗せれば、物理学・力学的に、子どもはイスに座っているのと同じで、子どもの体重は、イスにかかることになるんじゃないかと。自分は楽になるんじゃないかと。

やってみたところ、イスと子どもに挟まれる感じになって、少ししんどいのはありますが、腕や脚や腰は楽になって、補助なしで馬のマネをしつづけるよりは楽だと感じました。

いい感じで力を抜いて子どもと遊ぶ父なのでした。