父ロボの日記

頭の固い父親の子育て奮闘日記!



※ ※ ※ ※ ※ ※ ※ ※ ※ ※ ※ ※ 他にもブログを書いています。 ※ ※ ※ ※ ※ ※ ※ ※ ※ ※ ※ ※

→何ゴト?  →マンガのススメ  →数の研究所  →GUNDAM RASH

※ ※ ※ ※ ※ ※ ※ ※ ※ ※ ※ ※ ※ ※ ※ ※ ※ ※ ※ ※ ※  ※ ※ ※ ※ ※ ※ ※ ※ ※ ※ ※ ※


ベネッセの英語クリスマスコンサートに行ってきたよ!

英語のコンサート

今日は、「ベネッセの英語コンサート (Happy Christmas Party)」に行ってきました。

コンサートには、しまじろうが出てきて、冬の舞台を英語で表現した楽しいものでした。

舞台に出てくる「Kiko」という女性が、「ウサギの絵」を見て、これは何かを会場に問いかけると、

子どもたちが「ラビット!」と答えている時に、息子は「うさぎー!うさぎー!」とはっきり日本語で言っていました。(英語のコンサートなんですけどね)

あと、登場した雪だるまが口に木の枝をくわえていたのですが、息子は会場が静まっている中、「雪だるまさん木を食べてるよ〜」とけっこう大きい声でいったので止めました。何度も言ってました。気になったんでしょうね。

日頃、お家で英語の練習をあまりしてないので、息子は英語の方にあまり興味がいかなかったのかもしれません。

でも、踊りとか歌とかたくさんあったので、とても楽しそうでした。最後の方は疲れていましたけど。

その様子を写真に撮りたかったのですが、コンサート中は写真撮影禁止なので、ちょっと残念でしたね。

息子の成長

コンサートの行き帰りには、息子の成長を感じました。

会場に行くためには、途中、電車を乗り継がないと行けなかったので、また息子がグズってしまうのではないかと思っていました。

ところが!

電車の座席が一人座れる分だけ空いていたので、試しに息子だけ座らせてみると、お地蔵さんのようにじっとおとなしく座っています。

いつも電車でじっとしていられないことを考えると、これは考えられないことです。

父と母は、そばで吊革を持ちながら、息子をじっと見つめていましたが全く動きません。

「お兄ちゃんになったなー」と心の中で感心していました。帰りもおとなしかったので、帰ってから「ちゃんと座れたねー」っと、すごく褒めました。

すると、前歯を見せながらニヤリと笑って、ちょっと得意げな息子なのでした。