読者です 読者をやめる 読者になる 読者になる

父ロボの日記

頭の固い父親の子育て奮闘日記!



※ ※ ※ ※ ※ ※ ※ ※ ※ ※ ※ ※ 他にもブログを書いています。 ※ ※ ※ ※ ※ ※ ※ ※ ※ ※ ※ ※

→何ゴト?  →マンガのススメ  →数の研究所  →GUNDAM RASH

※ ※ ※ ※ ※ ※ ※ ※ ※ ※ ※ ※ ※ ※ ※ ※ ※ ※ ※ ※ ※  ※ ※ ※ ※ ※ ※ ※ ※ ※ ※ ※ ※


ふたごじてんしゃの試作機が開発される:ちちんぷいぷい【2017/01/26】

現在6歳の双子のママの中原さんという方が、双子が乗れる自転車を開発したそうです。

こちらが「ふたごじてんしゃ」の試作機。

後ろにチャイルドシートが2つ、その下には車輪も2つ、つまり3輪車です。電動アシスト機能もついています。

この自転車を作ったのは、双子が1歳半の時、一緒に普通の自転車(2輪)に乗っていたところ、こけてしまったのがキッカケでした。

こうした経験がトラウマとなり、外に出るのが怖くなったといいます。

それが引きこもりにつながっていったりします。

現在販売されている3人乗り自転車(2輪)の体重制限といえば、

前が4歳未満(体重15kg)まで
後ろが6歳未満(体重22kg)まで

道路交通法では、3人乗り自転車(2輪)の場合、6歳未満の子ども2人を乗せてよいとされているが、安全性からメーカーが製造していません。

つまり、双子の場合4歳になると自転車を使えないのです。

そこで、中原さんは近所の自転車屋さんなどに相談しましたが、「思いつきで適当なことを言うな」と怒られる始末。それでもあきらめませんでした。

自転車に乗れなくなるのがあと1年と迫った時、中原さんの目に宅配業者の3輪車が飛び込んできました。

これを作っている会社ならと話を持ち込むと、「試作品1台だけ協力しましょう」と言ってくれたのです。

構想から2年ようやく「ふたごじてんしゃ」の試作1号機を手に入れました。

中原さんはこの1台を武器に売り込みを開始。20件以上の企業にあたった結果、去年(2016年)2月ようやく商品化してくれる企業に出会いました。

去年7月には「株式会社ふたごじてんしゃ」を設立。今年中の販売を目指しているそうです。

ちなみに、

本来、6歳の双子は2輪車に2人乗ってはいけませんが、3輪の場合はどうななのかと警察に確認したところ問題ないということでした。

感想

子どもが双子でなかったとしても、親子で乗る自転車は3輪車でいいんじゃないかって思いますね。