読者です 読者をやめる 読者になる 読者になる

父ロボの日記

頭の固い父親の子育て奮闘日記!



※ ※ ※ ※ ※ ※ ※ ※ ※ ※ ※ ※ 他にもブログを書いています。 ※ ※ ※ ※ ※ ※ ※ ※ ※ ※ ※ ※

→何ゴト?  →マンガのススメ  →数の研究所  →GUNDAM RASH

※ ※ ※ ※ ※ ※ ※ ※ ※ ※ ※ ※ ※ ※ ※ ※ ※ ※ ※ ※ ※  ※ ※ ※ ※ ※ ※ ※ ※ ※ ※ ※ ※


オオカミは悪いやつ?

絵本に出てくるオオカミと聞くと、悪役で登場するイメージがあります。

おおかみと七ひきのこやぎ (世界名作アニメ絵本 (10))

おおかみと七ひきのこやぎ (世界名作アニメ絵本 (10))

三びきのこぶた (世界名作アニメ絵本 (5))

三びきのこぶた (世界名作アニメ絵本 (5))

  • 作者: ジョセフ・ジェイコブス,福島宏之,Joseph Jacobs,照沼まりえ,大坂竹志
  • 出版社/メーカー: 永岡書店
  • 発売日: 2002/01
  • メディア: ペーパーバック
  • この商品を含むブログを見る

あかずきんちゃん (世界名作アニメ絵本 (9))

あかずきんちゃん (世界名作アニメ絵本 (9))

  • 作者: グリム,柿沼美浩,照沼まりえ,山崎あい子
  • 出版社/メーカー: 永岡書店
  • 発売日: 2000/01
  • メディア: 単行本
  • クリック: 1回
  • この商品を含むブログを見る

親だと偽ったり、家を吹き飛ばしたりして、動物のこどもを食べようとすることもあります。

そんな中、うちの息子に「七匹のこやぎ」の絵本を読んであげてから、玄関や家の中のいろんな扉を「トントントン」と言って叩くようになりました。

オオカミが「おかあさんよ、開けてちょうだい」というやつで有名なアレです。

普通なら、「自分はオオカミではなく母親ですよ」ということを信じさせて、開けてもらおうとするのですが、

息子は、「トントントン!オオカミです!開けてください!」っと言って扉を叩きます。

うちのオオカミくんは正直者でした。