読者です 読者をやめる 読者になる 読者になる

父ロボの日記

頭の固い父親の子育て奮闘日記!



※ ※ ※ ※ ※ ※ ※ ※ ※ ※ ※ ※ 他にもブログを書いています。 ※ ※ ※ ※ ※ ※ ※ ※ ※ ※ ※ ※

→何ゴト?  →マンガのススメ  →数の研究所  →GUNDAM RASH

※ ※ ※ ※ ※ ※ ※ ※ ※ ※ ※ ※ ※ ※ ※ ※ ※ ※ ※ ※ ※  ※ ※ ※ ※ ※ ※ ※ ※ ※ ※ ※ ※


親が幼児に言う言葉が下手!子どもは何も悪くないという話

動きも活発になってきた息子。

色々注意することも増えてきました。

どんな言葉を言っているのかピックアップしてみました。

ちょっと待って!

息子に対して、この言葉を一番多く言っているような気がします。

暇さえあれば、「お腹すいた!早く食べたいー!」「早く遊びたいー!」と言っているので、そのたびに「ちょっと待ってー!」っとよく言います。

少しの時間も待てないことが多いです。

しずかに!

1人で遊んでいるかと思えば、大きい声を出して、周りに迷惑がかかることがあります。

子どもってなんであんなに大きい声を出したがるのでしょうか。

◯◯しない!

1人で遊んでいて、なんか静かでおとなしいなと思っていたら、壁に落書きをしていたり、部屋を散らかしていたり、遊んではいけないもので遊んでいたりしていることがあります。

早くごはんを食べなさい!

お腹すいたと言っていたが、いざご飯ができても今度は遊びに夢中で、なかなかご飯を食べ始めない。そんな時に「早くごはんを食べなさい!」といいます。

さらに、ごはんをゆっくりでも食べている分には何もいいませんが、遊んでふざけながら食べてたりすると、これまた「早くごはんを食べなさい!」といいます。

子どもは悪くない?

息子に言っている言葉を思い返してみると・・・

息子「お腹すいたー!早く食べたいー!」「遊びたいー!」

親「ちょっと待って!」

息子は、言う通り待つけど、大声出したり歌ったり。

親「しずかにしなさい!」

静かにするけど、何か悪さをして遊んでいたりする。

親「◯◯しない!」

注意されたことはやめて、大人しく遊ぶ。

親「早くごはんを食べなさい!」

遊びに夢中になっていて一言、「ちょっと待ってー!」っと息子が言う。

アレ?息子が親と同じセリフを言っている。

子どもは言うことを聞く時、聞かない時と両方あるけど、子ども自身は何も悪くなくて、大人の言い回しが下手なんだろうなーって思いました。