父ロボの日記

頭の固い父親の子育て奮闘日記!



※ ※ ※ ※ ※ ※ ※ ※ ※ ※ ※ ※ 他にもブログを書いています。 ※ ※ ※ ※ ※ ※ ※ ※ ※ ※ ※ ※

→何ゴト?  →マンガのススメ  →数の研究所  →GUNDAM RASH

※ ※ ※ ※ ※ ※ ※ ※ ※ ※ ※ ※ ※ ※ ※ ※ ※ ※ ※ ※ ※  ※ ※ ※ ※ ※ ※ ※ ※ ※ ※ ※ ※


息子がいろいろ自分で作るようになってきた

1年以上前と、子どもが2歳の頃に買ったマグ・スペース。(← たぶんマグネットの意味)

以前までは、親が作ったものを見ているか、「◯◯作ってー」と言うだけだったのに、

最近では、静かだなーっと思っていたら、息子がこのオモチャを使って、もくもくと何かを作っていることが多くなりました。

すごく夢中になっていたのだけれど、おもちゃが基本のパーツしかなかったので、奥さんと相談して、「拡張パーツを買おう!」ということになりました。

値段が半額でも1万円くらいするこの高さ!でも息子の成長のためには仕方がない!

父親である自分も、小さい頃はブロックを使って遊ぶことも多く、数学や空間把握能力、プログラミングが好きになるというようなことにつながっていったので、息子にも小さいうちにパズルやブロックなどでたくさん遊んでもらおうと思いました。

息子が「ロボットを一緒に作ろうー」と言っていたので、一緒に作っていたら、何やらすごいものが作れました。

うちの奥さんが言うには、このおもちゃ自体が磁石でできているので、「片付けが簡単で楽だ!」という話していました。