父ロボの日記

頭の固い父親の子育て奮闘日記!

息子の時間の表し方が変わっているという話

息子の時間の表し方が少し変わっている。

親子で話をしていて、息子が「さっき、〇〇したやつー」と言ったので、つい数分前のことを示しているのかと思ったら、実は何日も前の話だったり、長い時には数ヶ月前のことを鮮明に覚えていて、そんな風な表現になる時がある。

子供の時間の流れはゆっくりなのだろうか。

ほかにも、

息子には、寝た後に日付が変わるようなイメージがあるようです。

夜寝る時に、父が「もう暗いから寝ましょう」と言ったら、息子が「明日、オモチャで遊ぶー」っということがあります。

それと同じことを、お昼寝をする前にも言うことがあります。

寝て起きたら、明日ということになっているみたいです。

時計を見て、今何時かということが、数字ではわかってきたようですが、

1日の時間の流れが、まだ少し理解できていないようです。