父ロボの日記

頭の固い父親の子育て奮闘日記!

最近の「ぬりえ」が進化しているという話

息子がレンジャーものの塗り絵で色を塗っていました。

ここまでは、昭和の子どもたちでもよく見かけた風景。

しかし、最近の「塗り絵」は、ひと味違います。

実はこの塗り絵、↓こちらのスマホアプリとも連動していました。

このスマホアプリを起動すると画面に赤色の枠が出てくるので、それをぬりえのページに合わせます。すると、青色の枠になって3つカウントダウンします。

すると、ビヨョ〜ン!と、キャラクターの部分だけ飛び出してきて、スマホを通して立体的に見えるようになりました。

これは、全部のページが対応しているのではなく、隅っこの方に、黒い★のようなマーカーがあるページだけ飛び出てきます。

さらに、画面をタップすると、「キラーン!」や「ドーン!」という音とともに、「光」や「爆発」のエフェクトまで出てきました。

上にあるボタンを押して、3Dから2Dモードに切り替えると、2Dで切り取られたキャラクターだけになるので、他のページに重ねたり、背景を変えたりして面白い写真を撮ることもできそうです。

息子が「ぬりえ、ぬれたー?」と言ったので、

父が「濡れてないけど、塗れてるね」と言うと、息子は不思議そうな顔をしていました。