父ロボの日記

頭の固い父親の子育て奮闘日記!

ネットレンタルの返却には気をつけて!

ネットでレンタルする時は気をつけて!」という話です。

ひと昔前でレンタルといえば、音楽のCDや映画のDVDなどがありました。

しかし、今では、いろんなモノをネットでレンタルすることができます。

例えば、家族旅行や子どもの運動会などで活躍する「ビデオカメラ」。

こういった家電製品は、機能のバージョンアップなどで、新商品が毎年のように販売されるので、

購入ではなくレンタルで済ませるといったケースも増えてきているようです。

使いたい時に使えて、購入するよりも料金が格安で便利です。

しかし、気をつけないといけないこともあります。

それは、返却時の「返し忘れ」です。

レンタルなんだから、そんなの当たり前じゃんと、思われる方もいるかもしれません。

例えば、CDやDVDなどであれば、タイトルや枚数などで、返し忘れがないかのチェックがしやすいと思います。

しかし、ビデオカメラの場合、取説やパッケージ、USBケーブルなどの付属品も付いています。

自分の場合、このUSBケーブルと私物として持っていたケーブルを誤って返品してしまいました。

黒色で、非常によく似ていたケーブルだったためです。

そのため、返却期日の2日前に返したにもかかわらず、その期日を過ぎてからレンタル会社から、ケーブルが不足していますと連絡がありました。

返却期日を過ぎると1日単位で延滞金を払うことになります。

その金額は、当初レンタルして支払う予定だった額の半分くらいでした。

つまり、結果1.5倍くらいの金額を払うことになってしまいました。

自分の確認漏れが問題なので、延滞金の支払いは仕方がないのですが、

メインのビデオカメラではなく、たったケーブル一本を返し忘れたための延滞金の発生に、自分自身にガッカリしました。

今回の場合、レンタル会社からの通知メールにすぐ気付いたので、被害は最小限に抑えられましたが、

もし、数日間ずっと正常に返した気になって、返却漏れに気づかなかった場合、いったいいくら支払うことになっていたのかと考えると、ゾッとします。

買うよりもお得だと思って利用するネットレンタル。

みなさんも利用されることがあれば、気を付けてください。